メーカー保守切れ・システム延伸など第三者保守サービスのご相談
データセンター・サーバールームからのIT機器の撤去・買取のご相談
EOSL/EOLハードウェアマルチベンダー保守サービス販売代理店
マルチベンダー保守
導入事例
IT資源の最適化
ITAD(IT Asset Disposition)IT資産の適正な処理
データライブについて
IT資産の最適化による戦略的IT投資 ITコスト削減

IT資産の最適化による戦略的IT投資


IT予算を組み替え、原資を捻出。戦略的IT投資を可能にする。

メーカー保守終了後のITハードウェアの延長保守を行い、システム稼働期間を延長させるシンプルかつスピーディな方法で、IT予算の組み替えによるITコスト削減をご提案し、戦略的IT投資の原資を創出します。

EOSLマルチベンダー保守

EOSLマルチベンダー・ハードウェア保守


“保守技術開発会社”による第三者保守システム延伸サービス
HPEDell EMC富士通NECCISCOIBM LenovoNetAppOracle SunF5


データライブでは、メーカー保守終了を迎えたハードウェア(サーバ・ネットワーク機器・ストレージ)に対し、第三者保守ベンダーとして複数年に渡って保守・部品供給を延長することができます。

第三者保守×ITAD(IT Asset Disposition)

第三者保守×ITAD(IT Asset Disposition)


IT機器の廃棄処分は”事業戦略の一環“となる。安全・安心・環境に配慮するIT資産の廃棄処分を。
データセンター・サーバールームからの撤去・IT機器の買取はお任せください。


IT資産の安全・安心・環境に配慮した処分に「第三者保守」を掛け合わせ、シンプルかつスピーディにROIの最大化・TCOの削減をご提案します。

第三者保守 導入事例

第三者保守 導入事例


ITコスト削減事例金融業事例信託銀行/新たな形態の銀行/カード会社/損害保険/生命保険 資産運用会社/証券会社/パーソナルローン/金融情報サービス通信業事例電力・ガス業事例情報・クラウド業事例その他ITAD(買取・撤去・データ消去)

日本国内で稼働しているサーバー、ストレージ、ネットワーク機器の合計数は約600万台、そのうち約50%を占める主要4業種(金融、通信、エネルギー、情報・クラウド)を中心に、データライブの第三者保守は、多数の採用実績が有ります。

データライブを知る

データライブについて


経営理念会社概要拠点・アクセス情報

「お客様のシステムを少しでも長持ちさせること」がデータライブのミッションであり、システムが本来担うべき稼働期間を全うさせる事がそのシステムの寿命ですから、私たちの仕事は「延命」ではなく「延伸」です。

BE ALIVE DATALIVE 自分を育てる。自分をためす。自分を生きる。


キャリア・パートアルバイト採用新卒採用社員インタビュー

第三者保守のリーディングカンパニーを作り上げるには、どんな人と働くかが大切で、また自分を成長させてくれる環境が必要です。データライブでは、好奇心を持って常に主体性を発揮できる人を育てています。

EOL・EOSL保守(第三者保守)に対するこだわり

2015年4月、東京都荒川区内に「東京テクノセンター」を新設、保守や技術にかかわる全機能を集約、大幅拡張いたしました。
また、2019年2月、埼玉県久喜市に1,000坪のパーツ備蓄倉庫「関東ストックセンター」を開設し、従来より迅速かつ細やかにお客様ニーズにお応えできる体制を整えております。 

NEWS・メディア掲載

プレスリリース

お困りのことはございませんか?


・IT資産の最適化によるITコスト削減を検討したい
・増加するITシステム保守費を見直したい
・既にメーカー保守切れしたシステムが稼働している
・リプレイスやクラウド移行期間だけ
 既存システムの保守を検討したい
TEL 03-5684-5413メーカー保守切れ・システム延伸など第三者保守サービスのご相談

データライブ 規格・認証・パートナー

 国際規格ISO9001(QMS)、ISO27001(ISMS)取得 ASCDI(Association of Service and Computer Dealers International) ITmedia エンタープライズ

データライブ SNS公式アカウント

データライブ公式Facebook データライブ公式Youtubeチャンネル データライブ公式twitter