データライブについて

経営理念代表メッセージ会社概要組織役員業績推移拠点・アクセス沿革

会社概要

会社名 データライブ株式会社(DATALIVE CORPORATION)
所在地 本社
〒113-0033 東京都文京区本郷2-38-4 本郷弓町ビル1、2F

東京テクノセンター
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里1-26-5

関東ストックセンター
〒346-0035 埼玉県久喜市清久町47-1 カンダ久喜流通センター内

他、品川・大阪
設立年月日 2003年(平成15年)12月
代表者 代表取締役 山田 和人
資本金 3,990万円
決算月 11月
従業員数 常勤役員 1名、従業員 119名(2019年7月1日現在)
主な事業内容 コンピュータシステム 保守メンテナンス事業
リユース(中古再生)コンピュータ、ネットワークシステム機器の販売
コンピュータ、ネットワークシステム機器の買取
システム開発・運用業務(人材管理システム)
取引銀行 三井住友銀行小石川支店
きらぼし銀行春日町支店
りそな銀行新宿支店
城南信用金庫神田支店
朝日信用金庫湯島支店
加盟団体 ASCDI(Association of Service and Computer Dealers International)
古物商許可番号 第301030607156号/東京都公安委員会
取得認証 ISO9001:2015(認証登録番号 09233-A)
ISO27001:2013(認証登録番号 09233-J)
WEBサイト コーポレートサイト:https://www.datalive.co.jp/
導入事例サイト:https://datalive-server.com/eosl_eol_maintenance/

役員

代表取締役

山田 和人(ヤマダ カズヒト)

1997年3月:名古屋大学 工学部 卒業

2003年12月:「有限会社インターブレインコミュニケーションズ(当社前身)」創立

2005年9月:「データライブ株式会社」に社名変更し設立、代表取締役に就任、現在に至る。

常勤顧問

安原 哲(ヤスハラ サトル)

1973年3月:一ツ橋大学 商学部 卒業

1973年4月:三井物産株式会社 入社

2013年3月:三井物産株式会社の国内外関係会社数社の社長を経て当社に取締役会長に就任

2019年2月:当社 常勤顧問に就任、現在に至る。

執行役員

小林 達哉(コバヤシ タツヤ)

1980年3月:東京大学 経済学部 卒業

1980年4月:株式会社住友銀行(現 株式会社三井住友銀行) 入行

2002年10月:小石川支店長 就任

2013年2月:NECキャピタルソリューション株式会社 執行役員 就任

2018年11月:公認会計士 登録

2019年4月:当社 執行役員に就任、現在に至る。

業績推移

データライブ株式会社 業績推移
第11期 第12期 第13期 第14期 第15期
(2014年)前比 (2015年)前比 (2016年)前比 (2017年)前比 (2018年)前比
売上高 605,318131% 850,577141% 1,111,742131% 794,56171% 1,463,486184%
経常利益 16,018131% 20,664129% 26,977131% -57,285-312% 127,101322%
総社員数 63人162% 70人111% 93人133% 93人100% 114人123%

事業内容

「IT資源の最適化」をマルチベンダーハードウェア保守(第三者保守)・ITADサービスにより、短期間で大きなコスト削減ができ、競争力強化につながる、新規IT投資の原資の捻出をご提案します。
「IT資源の最適化」をマルチベンダーハードウェア保守(第三者保守)・ITADサービスにより、短期間で大きなコスト削減ができ、競争力強化につながる、新規IT投資の原資の捻出をご提案します。

組織

組織図
2019年7月1日現在

拠点・アクセス

データライブ 本社オフィス

本社 〒113-0033 東京都文京区本郷2-38-4 本郷弓町ビル1、2F

データライブ 東京テクノセンター

東京テクノセンター 〒116-0014 東京都荒川区東日暮里1-26-5

データライブ 関東ストックセンター

関東ストックセンター 〒346-0035 埼玉県久喜市清久町47-1 カンダ久喜流通センター内

沿革

2019年2月  増床の為、データライブ関東ストックセンター(KSC)を埼玉県久喜市に移転
2018年11月 資本金を3,990万円に増資
2018年2月  データライブ関東ストックセンター(KSC)開設(千葉県野田市)
2017年5月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(EMC/NetApp保守対応)
2015年4月  データライブ 東京テクノセンター(TTC)開設(荒川区)
沿革
2013年9月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(NEC Express5800対応)
2013年7月  不要HWトータルソリューション開始(買取・回収・撤去対応)
2013年5月  国際規格ISO9001(QMS)、ISO27001(ISMS)取得
2013年3月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(富士通 PRIMERGY対応)
2013年2月  24h対応コールセンター設置/物流倉庫(東京)増床
2012年8月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(HP9000/HP Integrity対応)
2012年3月  物流倉庫(大阪)開設
沿革
2011年12月 東京都文京区本郷に事務所移転
2011年11月 資本金を3,000万円に増資
2011年4月  EOSL/EOLハードウェア保守サポート開始(DELL)
2010年12月 EOSL/EOLハードウェア保守 24時間365日対応開始
2010年10月 EOSL/EOLハードウェア保守開始(HP サーバ)
2010年9月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(サンマイクロシステムズ対応)
2010年6月  EOSL/EOLハードウェア保守開始(F5 BIG-IP対応)
沿革
2007年8月  リユースサーバ事業開始
2006年8月  東京都千代田区外神田6丁目(秋葉原)に事務所移転
2006年1月  リユースPC販売事業開始
2005年10月 東京都千代田区外神田5丁目(秋葉原)に事務所移転
2005年9月  会社名を「データライブ株式会社」に変更
2005年9月  増資を実施。資本金1,000万円。株式会社へ組織変更
2005年7月  九段下に事務所移転
沿革
2004年5月  スポット系人材会社向け手配管理システムASPサービス
       「IBC手配管理システム」リリース
2003年12月 「有限会社インターブレインコミュニケーションズ」設立
       (千代田区麹町 資本金300万)