サービス・ソリューション
Service Solution
事例
Case Studies
採用情報
Recruit
お問い合わせ・サポート
Information Support
データライブについて
about DATALIVE

第三者保守 × ITAD
データセンターソリューション
IT機器の廃棄処分は“事業戦略の一環”となる

IT資産の安全・安心・環境に配慮した処分に「第三者保守」を掛け合わせ、シンプルかつスピーディにROIの最大化・TCOの削減をご提案します。






IT資産管理
IT資産評価
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
アセットリマーケティング
コンプライアンス

更改/延伸保守/廃棄スケジュールを把握し戦略的な投資を支援
廃棄IT資産を公正かつ合理的な市場価値で評価し高価買取
回収したIT機器は、専用のソフト、磁気消去、物理破壊により完全リスク排除
廃棄IT機器の価値最大化(保守部材化/中古/マテリアル)
中古市場への流通、法令を遵守した適正な廃棄処理


不要となったIT資産をビジネスシーンから廃棄処分するプロセスは、コストとなっており企業の負担になっています。
ITAD(IT Asset Disposition)は、安全・安心・環境に配慮するIT資産の廃棄処分を包括的サービスです。
データライブでは更に「第三者保守」ならではのアセットリマーケティングを実現しROIの最大化・TCOの削減をご提案することが可能です。
まずはIT資産買取のご相談
第三者保守×ITAD導入のご相談

よくあるご相談
6年以上経過した古い機器を処分したいが、買取価格が付かず処分費用が嵩んでいる。
6年以上経過した機器は、当社の保守サービス用の部材として利用する為、積極的に買取をさせていただいております。 ※資産評価へ >
一般的に「高価買取」をうたっているわりに、撤去費用とされ多額の費用を請求される
当社買取は、保守サービス用の部材を収集することが目的です。中古再販業者とは異なる合理的な価格で買取ることが可能で相殺費用を抑えることができます。 ※資産評価へ >
メーカー保守切れのため処分する機器と同種類の機器を使用している別システムがあり、保守部材の枯渇がリスクとなる。
当社にて処分する機器を買い取らせていただき、リファービッシュ後にお客様システムの保守部材として配備させていただくことが可能です。通常の保守ご契約よりも安価でサービスを受けることが可能となります。 ※アセットリマーケティングへ >
撤去・買取された機器はどのように処分されますか?
撤去・買取された機器は、その多くが保守部材に転用されるため、リファービッシュ、サニタイズされ当社保管倉庫に格納されます。同一機種が在庫過多になった際には中古再販します。CSRの観点からも有用です。 ※コンプライアンスへ >
買取対象メーカーは?
全メーカーが対象です。メーカー、世代をまたいで多種買い取りします。サーバ等に付随するパーツ単体(ハードディスク、メモリ、増設ボードなど)OEM機器の買取も行います。
【主なメーカー】HP、DELL、IBM、富士通、NEC、Oracle Sun、日立、CISCO、F5、Juniper、BROCADE、FOUNDRY、NORTEL、NOKIA、YAMAHAなど
買取フローについて教えてほしい
現在、廃棄対応されているお手間とほとんど変わらずに行うことができます。
※すべてのお客様にお買取時に必要な書類のご用意をお願いします。
・対面買取:法人様名義の書類(登記簿謄本もしくは登記事項証明書)
・非対面時買取:法人様名義の書類(登記簿謄本もしくは登記事項証明書)
ご担当者様名義の書類(住民票の写し原本+(社会保険証のコピーもしくは免許書等の公的身分証のコピー+社員証コピーもしくは名刺コピー)

まずはIT資産買取のご相談
第三者保守×ITAD導入のご相談
※買取サービスは法人向けサービスとなっております。個人の方からの買取のご依頼はお受けすることができません。
あらかじめご了承ください。
お電話での受付けも可能です。TEL 03-5615-0144 買取担当宛
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)
お困りのことはございませんか?

・廃棄コストを削減したい(高価買取)
・廃棄する際の情報漏えいリスクを排除したい
・コンプライアンスを遵守した廃棄ルートを構築したい
・保管コスト(浮遊部材や開発環境)を削減したい
・不要IT機器を稼働システムの保守部材として活用
まずはご相談ください。
お問い合わせはこちらから

第三者保守 × ITAD機能
“保守技術開発会社”
ならではの技術を持つ専門家集団

IT資産管理
自社ITシステムのライフサイクルを計画することで、「攻め」と「守り」の基盤となるバランスが取れた計画的なIT投資が可能となります。IT資産保全やコンプライアンス遵守に必要となることは勿論となりますが、データライブでは「更改」「延伸」「廃棄」といった計画を可視化し、IT投資の最適化をご提案します。

IT資産評価
お客様が廃止予定のIT資産の詳細情報をご提供いただける場合、各デバイスのFMV(Fair Market Value)の観点から合理的な市場価格を評価し、事前購入提案をご提出することができます。
10年以上中古業界で小売業を行ってきた経験とグローバルで750社以上の中古ITベンダーとのネットワーク、更には第三者保守サービスとの連携により、最適な査定額をご提案することが可能となりました。
特に、国内外の中古業者では値が付きにくい国産IT機器の買取価格はアドバンテージがあります。
※パーツ単位(HDD、メモリ、CPUなど)や希少性も加味します。

 
ASCDI(Association of Service and Computer Dealers Ingternational)加盟
ASCDIは、全世界で約320社の中古ITベンダーが会員となり技術ソリューションを提供しています。
開発や技術のサプライチェーンにおける偽造機器の流出を防止するためのプログラムを採用しています。
http://www.ascdi.com >

セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
IT機器の取り外し・運搬
不要となったITシステムを、お客様データセンター内より当社の熟練したロジスティクスチーム(専門技術者)が安全に撤去します。撤去したIT機器は、専用の集約ヤードKSC(関東ストックセンター)の集められプロセスに沿って適切に処理されます。
また、多様な企業のIT機器廃棄処分ニーズに対応するために、適切な輸送サービスをご提供する環境を配備。
当社基準(ISO/IEC27001,ISO9001)により審査されたプロバイダとパートナーとなり対応します。
お客様のIT資産を当社の処理施設に移送するための最も費用対効果に優れた安全な方法を計画、導入、提供します。輸送費を最小限に抑え効率的かつセキュリティを高めた輸送が可能です。
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)

データセキュリティ
ITADプロセスにおいて最も重要なステップと位置付けています。データを保持するすべてのデバイスは、データを消去・破壊する必要があります。金融サービスや医療など、非常に厳しいデータプライバシーコンプライアンスを遵守している規制の厳しい業界はもちろん、他業界でも重要です。
当社のプロセスでは、機密データが漏洩しないようにする為に、米国国防総省のデータ消去ソフトウェアおよびハードディスク破壊を実施しています。業界最高のデータサニタイズとデータ破壊技術と組み合わせて、機密情報が適切に処理され、破壊されることを保証し、データ漏洩の可能性のあるリスクを軽減します。
データサニタイズ(無害化)による再利用の考え方
お客様IT資産のハードディスクの再使用が許可されていることが確認されている場合、完全なデータ消去を確実にするために最良なワイピングテクノロジーを使用します。
国際的なセキュリティ評価・認証規格(ISO15408)において、NIAP EAL4+の認定基準を満たす世界で唯一のデータ消去ソフトウェア(WIPEDRIVE)による消去を実施しています。オペレーティングシステムを含むハードディスク内の既存のデータはすべて破壊され、データの復元は不可能になります。ハードディスクの全てのデータが適切に消去されたことをソフトウェアで確認することにより、再利用されるハードディスクの品質を保証します。
※オンサイトでデータサニタイズを実施する場合は、Blancco(高額DISK or USBメモリー)を使用します


世界で最も高度に認定されたワイピングソフトウェア
米国政府の多くの施設で使用されるDoD 5220.22Mの消去パターンを含むいくつかの消去パターンでの消去が可能です。NIAP EAL4+のセキュリティ基準を満たし米国国防総省によって承認されている世界で唯一のソフトウェアです。
WIPEDRIVE詳細へ >

データ破壊
お客様より受領したIT資産にあるデータデバイス(ハードディスク、テープ、フロッピーディスクなど)の全てのデータ記憶媒体をチェックします。機能しないと判断された、または「非再使用」と確認された全てのデータストレージデバイスは、社内のデータセキュリティプロセスによって破壊されます。より高度な保管基準を遵守するために、データ破壊(穴あけ、磁気消去)を実施。お客様のデータセンター施設にてオンサイトで実行することも可能です。
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)

セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)

アセットリマーケティング(価値を最大化)
廃棄やオペレーションコストを削減するだけでなく、保守再利用/中古再販/マテリアル再販/廃棄を通じて、お客様のROIの最大化・TCOの削減をご提案します。当社では、お客様に収益性を還元するための2つの選択肢があります。
第三者保守を活用したIT資産の循環
「第三者保守×ITAD」の特徴は、またお客様の廃棄対象システムをデータライブが引き取り、延伸希望システムへ保守部材として再活用することにより、IT資産を循環させるシステム運用が可能となります。
これにより、EOSLとなった保守部材の枯渇リスクを回避。「第三者保守」ならではのアセットリマーケティングを実現しROIの最大化・TCOの削減をご提案します。
※データライブでは「保守部材」として再活用させるので、中古再販市場では価格の付かない国産IT機器を高額で買取ることができます。

買取
10年以上、中古業界で小売業を行ってきた経験とグローバルネットワークされる750社以上の中古ITベンダーにより、お客様IT資産をリマーケティングできるか調査。中古市場で売却されたIT資産の利益をお客様に還元することができます。
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)

セーフティ&セキュリティ(リスク排除)
セーフティ&セキュリティ(リスク排除)

コンプライアンス
データライブでは、お客様のコンプライアンスを守り、環境およびセキュリティを追求する努力をしています。
回収されたIT資産は、データ消去され、保守再利用・中古再販売されると、残りの不要な機器は処理する必要があります。
安全かつ安心で環境に配慮した資産の処分とリサイクルにおいて適切な処理を実施します。
データライブ 規格・認証
データライブでは、お客様のコンプライアンスを守り、環境およびセキュリティを追求する努力をしています。
回収されたIT資産は、データ消去され、保守再利用・中古再販売されると、残りの不要な機器は処理する必要があります。
安全かつ安心で環境に配慮した資産の処分とリサイクルにおいて適切な処理を実施します。
データ消去における主要な国際的監査機関で技術的な標準を満たす
・サーベンス・オクスリー (SOX法)
・HIPAA (医療保険の携行性と責任に関する法律)
・コモンクライテリア評価 (ISO/IEC 15408)
・FACTA規格 (放送規格)
・NIAPのEAL4+のセキュリティ標準
・アメリカ合衆国国防総省(DoD)5220.22-M
ISO9001品質規格・ISO27001情報セキュリティ

当社は情報システムの保全を行う立場として、お客様のシステムおよびそれに関するデータの重要性を理解し、提供する機器・サービスの品質を高め、お客様との約束を果たし、信頼を得るための継続的な活動を行い、日々向上して参ります。
そして当社の企業活動が社会インフラを支え、社会の発展とより良い環境作りに貢献してまいります。
データライブ統合方針 >

古物商許可証
古物の売買をしたときは取引の情報を古物台帳などに記録し、その記録を最終記録日から3年間保存する義務があります。
報告と証明 データ消去証明書の発行
お客様のIT資産処分報告書、データ消去証明書の発行が可能です。
※これら証明書は3年間保存します

まずはIT資産買取のご相談
第三者保守×ITAD導入のご相談
※買取サービスは法人向けサービスとなっております。個人の方からの買取のご依頼はお受けすることができません。
あらかじめご了承ください。
お電話での受付けも可能です。TEL 03-5615-0144 買取担当宛
受付時間 平日9:30~18:00(年末年始除く)
お困りのことはございませんか?

・廃棄コストを削減したい(高価買取)
・廃棄する際の情報漏えいリスクを排除したい
・コンプライアンスを遵守した廃棄ルートを構築したい
・保管コスト(浮遊部材や開発環境)を削減したい
・不要IT機器を稼働システムの保守部材として活用
まずはご相談ください。
お問い合わせはこちらから